月別アーカイブ: 2016年2月

エステ・クリニック・家庭用を簡単に比較│41歳脱毛バージン

脱毛する場合、大きく分けるとエステ、クリニック、家庭用で脱毛することが出来ます。簡単に比較すると、まずエステは、最近最も人気のポピュラーな脱毛法になります。体験価格が安いので多くの人が気軽に利用しています。

エステでの脱毛は、馴染みのある方法で、とても手軽です。体験での見極めが必須ですが、プロにまかせられる安心感があります。但し、勧誘がしつこいところもあるので、その辺は心してかからないといけません。

クリニックは、エステよりも効果が高いです。そのため、効果を求める人にはおすすめできます。何年たっても生えてこないことが多く、何より、医師が施術するので信頼できます。但し、威力が強い分、エステよりは痛みが強く、トラブル起きる可能性が高いです。

値段が高いのも難点です。

家庭用脱毛器は、自宅で気軽にできる方法で、エステやクリニックのように通う必要がなく、かなり安く脱毛できます。家庭用は、エステやクリニックに通うのが面倒な人におすすめの方法で、コストパフォーマンスが優れています。

自己処理なので勧誘を心配する必要もありません。

脱毛の痛みについて│41歳脱毛バージン

脱毛なんてすっごく痛くて普通の人は我慢できないような痛みだよ。ということを聞いたことがあるという人もいるかもしれません。実はこのようなすっごく痛いというのはいわゆるニードル脱毛と呼ばれている脱毛方法の事になります。

ニードル脱毛では電気針を毛穴に挿し入れて行うため、挿し入れる時の痛みがありますし、さらに電流を流しますのでこの電流が流れる時にも痛みがある方法です。むだ毛一本一本に対して行いますので、この痛みを繰り返し何度も感じなければなりませんので、かなりの痛みですよね。

しかし、レーザー脱毛や光脱毛ではこのように針を挿し入れるような施術方法は行っていませんので、針を刺すような痛みを感じることもありませんし、電流を流すわけでもありませんからこのような痛みもありません。

肌にレーザーや光を当てるということで施術を行っていきますので、感じる痛みとしては強い光を当てるために輪ゴムではじいたような痛みを感じることがあるという程度になってきます。

輪ゴムではじいたような痛みと言ってもすごく痛そうと思うかもしれませんが、かなり感じ方に個人差もあるようです。中には暖かみがあっただけで痛みなんてなかった。という人もいますよ。

整形をしてる箇所も脱毛できますか?│41歳脱毛バージン

整形手術といっても、現代はアートメイクなどの落ちないメイクと呼ばれるものも整形手術の一つとして数えられます。プチ整形という目を二重にする手術なども整形手術の一種です。

若者に限らず、何歳になってもそういったちょっとした整形手術は比較的一般的になってきています。さらにきれいになるために脱毛したいという人もいるでしょう。しかし、普通の肌の状態と違うのは明らかです。

実は整形手術を施すと、毛穴の状態が普通の肌と違ってしまうことがあります。その状態で脱毛を行うと、水ぶくれが起きたりやけどをしたりすることがあります。これは絶対に起きるとも絶対に起きないとも言えないところなので、できれば手術を担当した医師などに確認をとることが大切です。

さらに、脱毛をしてもらいたいと思っているサロンなどにも相談するとより安心です。一つのサロンではだめでも、整形後の脱毛に詳しいサロンを見つけて安全に施術してもらうといいでしょう。

個人でやる場合は、その器具や脱毛の方法を整形手術を担当して医師に見せて判断を促すことが必要です。

脱毛に時間がかかる理由は毛周期があるから│41歳脱毛バージン

脱毛は一回では施術が完了しません。どんな部分でも、数回施術を受けないと完全に脱毛完了をすることが出来ないのです。なぜなら、毛にはそれぞれ周期があるからです。

毛は、成長期と退行期、そして休止期のサイクルを繰り返しています。成長期の時は少しずつ毛が生えてきて、肌の表面に毛が出る状態となります。退行期になると少しずつ毛が退行したり自然と抜け落ちて行き、休止期には毛根も無い状態となってしまうのです。

エステサロンやクリニックで行われている脱毛は、毛根にダメージを与えることで脱毛効果をもたらす方法なので毛根のない休止期の状態には効果を与えることが出来ません。また、毛の周期はだいたい3か月サイクルだといわれています。

そのため、そのくらいのサイクルに合わせてサロンに通うと円滑に脱毛を行うことが出来るでしょう。もちろんこのサイクルは人によって違いますし、自己処理方法によってもサイクルがずれてしまいます。

そのため、脱毛サロンなどに通っている期間もしっかりと自己処理をして、脱毛に備える必要があるのではないでしょうか。