脱毛の痛みについて│41歳脱毛バージン

脱毛なんてすっごく痛くて普通の人は我慢できないような痛みだよ。ということを聞いたことがあるという人もいるかもしれません。実はこのようなすっごく痛いというのはいわゆるニードル脱毛と呼ばれている脱毛方法の事になります。

ニードル脱毛では電気針を毛穴に挿し入れて行うため、挿し入れる時の痛みがありますし、さらに電流を流しますのでこの電流が流れる時にも痛みがある方法です。むだ毛一本一本に対して行いますので、この痛みを繰り返し何度も感じなければなりませんので、かなりの痛みですよね。

しかし、レーザー脱毛や光脱毛ではこのように針を挿し入れるような施術方法は行っていませんので、針を刺すような痛みを感じることもありませんし、電流を流すわけでもありませんからこのような痛みもありません。

肌にレーザーや光を当てるということで施術を行っていきますので、感じる痛みとしては強い光を当てるために輪ゴムではじいたような痛みを感じることがあるという程度になってきます。

輪ゴムではじいたような痛みと言ってもすごく痛そうと思うかもしれませんが、かなり感じ方に個人差もあるようです。中には暖かみがあっただけで痛みなんてなかった。という人もいますよ。