ニキビで色素沈着を起こさないためには?

ニキビを放っておいたままにしておいたり、適切なケアを行わなければ、ニキビが色素沈着を起こしてしまうことがあります。ニキビで色素沈着を起こさないため、ニキビが出来てしまう原因を知っておくといいでしょう。

毛穴の出口の角栓が厚くなり、毛穴が塞がってしまうことでニキビが出来てしまいます。皮脂が正常に排出されずにコメドが形成され、毛穴の中に皮脂が溜まってしまいます。

そして、その皮脂を餌にしてアクネ菌が増殖しだして、ニキビが悪化していくのです。ニキビが初期状態のときであれば、肌のごく表面に近い毛穴の出口付近に炎症をおこす程度です。適切な治療を行っておけば、ニキビ跡が残らず、色素沈着も起こらないのです。

けれども、ニキビが悪化するおと炎症が肌の奥深く真皮層や皮下組織まで広がり、色素沈着が起こってしまうのです。ニキビが悪化して、皮膚の奥深くまでダメージを受けて色素沈着を起こしたとしても、症状によっては自己ケアで治療することが出来ます。

クレーター状にまでなってしまっているのであれば、専門医による治療を行わなければニキビの色素沈着を消すことは出来ません。ご注意ください。